HFA Blog

Archive for 2016/07

去る文月、来る葉月

今日は7月の最終日、明日から8月です。
そんな真夏のハーモニーファーム京都の
様子をご紹介しましょう。

厩舎内に設置された巨大扇風機。
おや? 何か白い物が噴出しています。
f83e2fc2baa01c51aab073a9bbaad259 300x225 去る文月、来る葉月
暑くなってきたので、ミスト機能を使用し始めました。
とても涼しく感じられますよ。

厩舎の西側には、シオカラトンボがご来場。
471bcc20e491b48816b0c210803014f11 300x225 去る文月、来る葉月
これも夏の風物詩ですね。
自然の豊かさをヒシヒシと感じます。

自然と言えば、この時期から夕立が気になるもの。
この日は西側を黒雲が通過。
111f4913ec1d9c1b9c5c90a29b36388d 225x300 去る文月、来る葉月
雲が広がったので、気温が下がってくれました。
レッスンに影響はなく、正に夏の遠雷といったところ。

そんな夏でも元気なハーモニーファーム京都へ、
ぜひお越し下さい。お待ちしております。
f2510b594f667243bf1b6d8c668227af2 300x225 去る文月、来る葉月

その時を待つ

レッスン直前の蹄洗場。
5a05ec8e9426a790eef7cf4bff436d06 300x225 その時を待つ
馬たちは臨戦態勢。徐々に気合を高めていきます。
「○○さん、行きましょうか」
その声がかかるまで、静かに待っています。

待つといえば、やはりオヤツ。
レッスン終了後、会員様が配っておられました
462220dd61b33f7548513a652694758a1 300x225 その時を待つ
順番を待ちきれず、ブヒブヒ鼻を鳴らします。
「はいはい、今あげるからね~」

同じ日の朝、ドルチェが放牧されていました。
ひとしきり遊んだ後・・・
af84454052f6460d6847da4fb33b873b 300x225 その時を待つ
出入り口で帰してもらうのを待っていました。
「砂浴びは終わったわよ~」
澄ました表情が、何とも可愛らしいですね。

再淡夢路

アムロの単独記事をお届けしたのは、1年以上前
そこからどう変わったのでしょうか?
あるいは変わらないのでしょうか?
見ていきましょう。
73b13474f6bfb0c1c18f13848f3f8384 300x225 再淡夢路

アムロの売りは、とにかく大人しいこと。
この日も蹄洗場でレッスンを待っていました。
c44ba0b718ecfe8180f8115aadae45a0 300x225 再淡夢路
手前から、アムロ・カルロス・ニコラス。小・中・大ですね。
手入れのときに大人しいのも変わらずです。

レッスンではよく走ってくれます。
c4f5e49ee94cfa259b99577f518703f61 300x225 再淡夢路
ジュニアの方・大人の方、丸馬場角馬場・広い馬場、
関係なく一生懸命頑張っています。

ところで、同じくちっこいララミーと、
アムロが似てきたような気がします。
ララミーの秘技、「歯茎」
b6eb901abd957b968d37a6a130603e6a3 300x225 再淡夢路
これをアムロが・・・
656cf6672865da9f0cd791c746ecc57b 225x300 再淡夢路
まだ人の手を借りなければできませんが、
いつか一人でできる日が来る・・・かもしれません。

更に、草食動物の本能を忘れて(?)
ボロ取りを気にしなかったララミー。
アムロもソックリになってきました。
a66f846e80c06ae2b290fa4d25c64c2f3 300x225 再淡夢路
しかし、上から見ると、それはそれはご立派な。
フックラと良い体型になったのが、
一番の変化かもしれませんね。
7a9e3bc7a4f398718bf2bdc86858901e 300x225 再淡夢路

鼻がピンクの

昨日は馬の瞳をクローズアップしました。
今日は・・・鼻です。

馬はとても好奇心旺盛ですが、ちょっぴり臆病。
そこで、見慣れないものに対しては、
そぉ~っと鼻を近づけ、正体を確かめます。
ed72d01c1ba35da32cdb48533f927db4 225x300 鼻がピンクの
ラミサカはベテランで、カメラには慣れているはずですが、
そのポーズを見せてくれました。

鼻と言えば、やはりお手入れ!
ララちゃんも、もちろんお鼻を拭いてあげると喜びます。
20d76bdc932f4abaf3a96b96b98d6951 225x300 鼻がピンクの
「とても気持ち良いよ♪」

こちらは鼻がピンクのツム・・・じゃなかったマグナス。
b461f05780e218f187f4ba0de7884e0f 300x225 鼻がピンクの
お鼻は汚れがたまりやすいポイントでもあるので、
ソフトに拭いて、きれいにしてあげましょう。

そのマグナス。馬房に帰ってから
bf047f927b18232ec1d2d3bb14b2d2e5 225x300 鼻がピンクの
鼻だけ出して休んでいました。
ピンクがとても可愛いですね。

瞳を閉じて

馬の外見的特徴は色々あるでしょうが、
その大きくつぶらな瞳に
魅力を感じる方も多いことでしょう。
e60bfd7bba0c54565764db23dcf379a0 300x225 瞳を閉じて

馬の瞳は体から飛び出ていて、
視野は340~350度と言われています。
19b73a04751b329cda08e7a64da8b86e1 300x225 瞳を閉じて
両サイドに付いているという位置のためか、
真正面は見えにくいと言われています

瞳は澄んでいて、様々なものが映り込んでいます。
カルロスの瞳に映るのは・・・
143811393e0487754122da2d4b9ec867 300x225 瞳を閉じて
カメラを構えているスタッフでした(笑)。

そんな瞳ですが、開いているのばかりが
魅力的であるとは限りません。
閉じたのも、キュートでカワイイ!
5dce86281926f7be8d87fe2dd84f2790 300x225 瞳を閉じて
顔をブラシされて、気持ち良さそうなバルトです。

若さに

「今日はお子さんが多いですね」
の声に馬場を見てみると・・・。
3d387494f1fdb8b32c1f6a66c1e5db13 300x225 若さに
大勢のジュニア会員様がお乗りになっていました。

ジュニア会員様は、暑くても寒くても、
いつも元気一杯、パワフル!
d1d9cd60bd9793d84f91b45f1837b39a 300x225 若さに
小学生の女の子も頑張っています。
熱意に押されて、B&Bも頑張っていました。

一方、こちらの会員様は、姿勢が美しい!
177db9147c595bce1152a7a8f462a5c9 300x225 若さに
バレエをされているそうですが、納得です。
乗馬はバランスが大切なので、
きっと役に立っていることでしょう。

そんな若さで活気に満ちあふれた
ハーモニーファーム京都へ、せひお越し下さい♪
2dbc18e5b006f4da31bfe8b2fb5f1fbd5 300x225 若さに
乗馬は年齢関係なく楽しめる、素晴らしいスポーツですよ。

個性

ハーモニーファーム京都には、
色々なタイプの馬がいます。

白くて小さな馬。
9b9a35c22a6c32718bd62ea0a16eb1991 300x225 個性

黒くて大きな馬。
b399eac098ba7dbe0f3424cfa2270651 300x225 個性

ひとたびレッスンともなると、
白、黒、大、小入り乱れて頑張っています。
2db1037d7aa0ccc53dab88d1920df5097 300x225 個性

そんな個性豊かな馬たち・・・。
d9f25e82ff60850c13a28c61701ca3f96 300x225 個性
実際にどんな性格かは、
ぜひお越しになって確かめて下さい。

ウマと、ひとくくりにされがちですが、
それぞれに際立つ個性をお楽しみ頂けると思います。
25953836dbd3efed63cf4e343b205c8a 300x225 個性

大人しさが

ハーモニーファーム京都の馬たちの
セールスポイントは、大人しさです。
ご飯を待つ時も
d78acbbf48911e4a297f096943a83824 300x225 大人しさが
ガツガツすることなく
「まだかナ~」

・・・この写真を撮っていると、
横からツンツン鼻で突かれました。
鼻? そう、バルトです。
c0fadbf2c2a005fcf904a6b28212c8f9 300x225 大人しさが

ズームをそのままにカメラを振ったところ、
どアップになってしまいました。
d3da111aac01d7f9fac087704406276a 300x225 大人しさが
「ボクも忘れないでね~」

そんな大人しい馬たちが蹄洗場に立つと・・・
5e343de04bfd7c11a13efd5bae46b6e1 300x225 大人しさが
見事に整然と並んでいるではありませんか!
ん? みんな寝ているように見えますが、
多分気のせいでしょう(笑)

夏時間

競馬の格言に、「夏は牝馬」というものがあります。
牝馬が、というよりは、牡馬が暑さに弱いのでしょうか?
また、「夏は芦毛」という格言もあります。
白は熱を吸収しにくい色なので、ということでしょうが、
いずれも俗説に過ぎないようです。

一方、ハーモニーファーム京都(HFK)では、
牝馬・セン馬、芦毛・鹿毛・黒鹿毛に栗毛、
関係なく夏場でもレッスンで頑張っています。
f33810c84713b22f7c8d1035cf4ed6e9 300x225 夏時間

さて、夏と言えば夏時間。
HFKでもサマータイムが始まりました。
暑い昼間はレッスンはお休みとなります。
fed0c29b115aa0230af9c9c5f4aa11e6 300x225 夏時間

そんな昼間、馬たちはと言うと・・・
8dc8095c50ec8d790c2eaa1c97bbfb1c2 300x225 夏時間
思い思いに過ごしていました。
馬の一日の睡眠時間は3時間程度と短く、
撮影をした日には昼寝をしている馬はいませんでした。
59cbf00c9ab405a6396ce158dae86836 300x225 夏時間
こうして英気を養って、午後のレッスンに望みます。

そんな暑い昼間を避けて、涼しい朝夕にお乗り頂ける
HFKで、皆様のお越しをお待ちしております。
f0f2bc21fa1ef158bf81faa9cb510365 300x225 夏時間

水を求めて

暑い季節、人間の給水は大切ですが、
よく汗をかく馬たちにも給水は大切です。
022d516ce61868a194c4de7f1e5fe9322 300x225 水を求めて
一頭にあげていると、「ボクも」「ワタシも」
馬はホントによく水を飲む動物です。

一方、こちらは馬場に給水・・・じゃなかった散水中。
a9e0666812bcced643a9614c853b8a3f1 300x225 水を求めて
乾燥で砂埃が舞うのをを防ぎ、
気化熱で気温を下げる等の効果があります。

散水をしていると、黒いアゲハチョウが登場。
昆虫にとっても、貴重な水場なのでしょう。
4b193b86e77210486562c434884c4b96 300x225 水を求めて
自然に囲まれたハーモニーファーム京都(HFK)には、
このように、貴重な水を求めて、
しばしば他の生き物が来場します。

そんな蝶も舞い踊るHFKで、さぁ、乗馬を!

Harmony Farm Kyoto

© 2015 Harmony Farm Kyoto

ハーモニーファーム京都
〒610-0115
京都府城陽市観音堂甲畑46-2
TEL 0774-54-0053