HFA Blog

堂々と

秋晴れの今日、お昼の時間に
お二人の曳き馬のお客様がありました。

まずはジュニア会員様の弟様。
9392de98bf6b96917629b040ea3722991 300x225 堂々と
赤のシャツと赤のゼッケン。
お揃いのカラー。

今回は久しぶりでしたが、
過去に何度も乗られていて慣れたもの。
d5f1968be1ba3c05be191939a253bcba1 300x225 堂々と
颯爽と跨ります。

その姿を会員様が見守ります。
a42bee639c771dffcf4060053828bf43 300x225 堂々と
「上手になったね~」

騎乗姿勢も堂々としたもの。
ナターシャとのコンビもバッチリ。
e4b834700b20be634e4a27809ddf01301 225x300 堂々と
楽しんで頂けたようで、何よりです。

続いては、サンタコスチュームが似合う可愛らしい女の子。
会員様の姪っ子様です。
a83de0ace841a267169096802fbded70 225x300 堂々と
うまく乗れるかな?

・・・の心配は無用。
初めてお乗りになったとは思えないほど
堂々としたご騎乗っぷり。
03a2c9d3a286183b439868c16e39fb67 225x300 堂々と
会員様と「将来有望ですね」
ポーズも可愛らしく決めて頂きました。
fdadbf7f0d1847d559564340781882e8 300x225 堂々と

終わった後は、おやつタイム。
グイグイ来るナターシャに
最初はちょっぴり戸惑っておられましたが、
cf30ffebe805708a769e5994f46a96ee4 300x224 堂々と
最後ははい、どうぞ~。

本日はお越し頂き、ありがとうございました。
7366aeedba9e0a092a4f6dcdaebb6f1d 300x225 堂々と
また来てね~。

奥深き旋毛の世界

《前回のあらすじ》
馬は各自、健康手帳を持っており、
そこには様々な情報が。
特徴の欄には白い部分が記載。
そしてつむじの場所も・・・。

さてさて、マグナス
d2beaadc7737c94691ceffb1efada19a 225x300 奥深き旋毛の世界
にある「珠目正」と「波分二」とは?

まずは珠目(しゅもく)。
これは額にあるつむじのことです。
目の上端から下端の範囲内にあれば珠目正。
上端より上なら珠目上、下端より下なら珠目下になります。

マグナスの場合・・・
c25ba4efcee11176a5c01d6ce0d51db2 225x300 奥深き旋毛の世界
この位置なので、「珠目正」となるわけです。

次に波分(なみわけ)。
こちらは頸(くび)にあるつむじ。
頸の下側のライン(溝より下)で、
頸を頭側から胸前側まで三等分した
下側三分の二の範囲内にあるものです。

・・・と書いてもサッパリ分からないので、実際に見てみましょう。
48f0c2bba7f2f4de697838909f10c1ef 225x300 奥深き旋毛の世界
マグナスは二つあるので「波分二」となります。

ちなみに健康手帳では図で示されており、
×印が、つむじのある場所です。
6d764c1c8990c2c98d306306b45bfc9c 300x225 奥深き旋毛の世界

他にもつむじの名称はたくさんありますが、
ハーモニーファーム京都の馬たちに見られるものを。

吭搦(ふえがらみ):波分よりも頭寄り→ニコラス・あんず
髪中(かみなか):たてがみの生え際から3cm以内→ジョン・金太郎・コスタ
初地(しょち):前うでから球節まで→B&B・コスタ
沙流上(さるのぼり):後肢の飛節から球節まで→ナターシャ・コスタ
浪門(ろうもん):胸前の中心線上の幅3cm以内→コスタ

コスタが多いですが、そういう体質なんでしょうかね?

白い部分と旋毛と

今回は、馬体の謎に迫っていきましょう。
馬はそれぞれ「健康手帳」というものを持っています。

その中には「特徴」という欄があり、
個体識別のための重要な情報・・・
一見すると呪文のような文字が書かれています。

そこで問題。
↓はどの馬の特徴でしょうか?
10cf251c936978ef154b9ece90bcfacf 300x164 白い部分と旋毛と
毛色と生年月日は隠してみましたが、皆さん分かりましたか?

正解は・・・マグナスでした。
最初の「大流星鼻梁鼻大白上下唇大白」は、
顔の白い部分を表しています。
435228746ca74d116619ce54d6d2663c4 225x300 白い部分と旋毛と
マグナスは白い部分の面積が大きく、
文字にすると長~~くなります。
唇は上下とも白いですね。
98d4b3ed89da1fdac6f087047794c358 300x225 白い部分と旋毛と

「四長白」は、肢の白い部分。
747d67ec79fd15c152f49f1f35fecf83 300x225 白い部分と旋毛と
マグナスは四肢すべて白く、しかも長いのが特徴。
いわゆるソックスを履いているように見えます。

刺毛は白い毛で、白斑までにはまとまっていないもの。
「肋」が分かりやすいでしょうか。
14d3a2f42955195889dfbc35e29fdef4 300x225 白い部分と旋毛と

お腹が白いのもちゃんと記載されています。
8030824681e6cfa97796a74045e7d1e61 225x300 白い部分と旋毛と8336c37d1927c604c4d450db1de7073c 225x300 白い部分と旋毛と
左後肢のすねも白斑になるんですね。

最後に残った「珠目正」と「波分二」。
実は、これらはつむじがある場所を示しているのですが・・・。
ここで再び問題。
ズバリ、どこのことでしょう?
正解は・・・ぜひマグナスに触れて探してみて下さい。
後日発表しますよ♪

秋になりました

「まだまだ暑いですねぇ」
会員様とそんな会話をしていたのが10月上旬。

それから2週間。
朝の気温は10度を下回るようになり、
馬たちも薄馬衣を着・・・
b782edaec6f1da5bbfbfeacaa002169f2 300x225 秋になりました

ツンツン
いや、だから早くも薄馬・・・
ツンツン
振り返るとそこには
a2fa8c101a48f18715f689a05f1842db8 300x225 秋になりました
ナターシャが。

「美人の私を撮らないとは、どういうこと?」
と聞かれた気がしたので、ナターシャも入れてあげました。
75ecbf3f8f0a055d2f1f966f261f30f3 300x225 秋になりました
満足そうな表情です。

外に出てみると、寒暖差が大きいせいか、
霧が発生していました。
3d82a9e9e0576a79c4599f1e9c534f05 300x225 秋になりました
早朝に見られる幻想的な光景です。

同じ日の昼の蹄洗場。
蹄洗場や厩舎で馬たちにあげるのも、
水からお湯になりました。
d3fc5ca66a1b01c59ee08aaaf5070ae5 300x225 秋になりました
カルロス、良い飲みっぷり。

この季節、馬たちは冬支度。
夏毛から冬毛に変わっていきます。
bfdaa0945f89c0174b3b396997fb08d11 300x225 秋になりました
冬毛の抜ける量ほどではありませんが、なかなかの量。

パクパク、スッキリしました。
いや、ホントに夏よりツルンとしています。
参考までに、左が夏、右が秋のパクパク。
aff719a37afb1af72d23c3b45da3ab79 300x225 秋になりましたf094a048e803fcc886691ddcdf50e19f 300x225 秋になりました
フサフサとツルツル。
皆様はどちらがお好みですか?

キャロットカラー

かつて、と色の特集をしました。
久々に復活!
今回は・・・オレンジです。

オレンジ色と言えばニンジン。
28e5c7b5307885fd0a9e9fe23412fba5 300x225 キャロットカラー
こちらはナターシャの馬房。
会員様が置いて下さっていました。

馬たちはその色を楽しむ・・・
dce8d2385b462d1a157f42dd60c98264 300x225 キャロットカラー
はずもなく、「早くちょうだい~」と必死です。
ナターシャ、凄い顔になってますよ。

車両にもこの色は見られます。
方向指示器はこの色でないといけないそうです。
d2ccbe66b9545692364711eb4631e506 300x225 キャロットカラー

オレンジ色に包まれた重機も。
a6f0dafc473523502b9cd4351fa2009b 300x225 キャロットカラー
様々な場面で大活躍しています。

厩舎作業用具にもオレンジが。
850d50fd9a8e1b2e64238a51da2a3776 225x300 キャロットカラー
こちらは元々雪かき用ですが、
オガ用として使っています。

これは通称ボロ箕(み)。
5257dc2106df2d75df7afe8b1fede0ad 225x300 キャロットカラー
本来は農作業用。
脱穀の際に使われるようです。

そして・・・
cab4f6be53600507a169e6b5294ce986 225x300 キャロットカラー
馬房掃除用のチップフォーク。
人気の色なのか、長い間入荷待ちでした。

忘れちゃいけない、おたべの薄馬衣。
2b9e86db0c0135898650672e3e1c65f0 300x225 キャロットカラー
こちらはラインカラーがオレンジ。
もうすぐ活躍する季節がやって来ます。

10月とオレンジと言えば・・・
5e90c9ecfca2f6184c4a47de3ac429d6 300x225 キャロットカラー
月末にはあのイベントがあります。
他にもたくさんあるオレンジ色を探してみて下さいね。

ハーモニー動物王国

豊かな自然に囲まれたハーモニーファーム京都。
ここでは、様々な動物を見ることができます。
3f5e20df1e9bafea6853afc53d75ea27 300x225 ハーモニー動物王国

まずはキジ。
dc55c0fc88353d27620c2cf347e33f4c 300x225 ハーモニー動物王国
目の周りが赤いのはオスの特徴。
茂みによくいますよ。

10月に入ったある日、サルが登場。
53ee5b49f6c6b91abbcb6fb1341757f0 300x225 ハーモニー動物王国
木の上で堂々と着座する姿は、
貫禄を感じさせます。

キジ、サルと来れば桃太郎!
あとはイヌ、イヌ、イ・・・
cbbc66781cc397585e91b1ae3572ba55 300x225 ハーモニー動物王国
ヌにしては何か変。

こちらはイノシシでした。
35b9cf53f38fc9bb8f5f18dad7d48be5 300x225 ハーモニー動物王国
サルもイノシシも見つめる先は馬場。
レッスンを見学しに来たのでしょうか?

早朝に群れで登場したのはシカ。
043d935c6b230e406033b6f85b999565 300x225 ハーモニー動物王国
夕方には特徴的な声で鳴いているのを
聞くことが出来ます。

そんな楽しい動物王国。
もちろん猫と馬もお忘れなく。
b655de688e0a05b8f364a89b4ab0bddc2 225x300 ハーモニー動物王国6a853ca9996f364a2e92e2a475faf8af1 225x300 ハーモニー動物王国

6e085354606435bda171a3a4ec3bc933 300x225 ハーモニー動物王国
・・・そしてヒトもね♪

蹄洗場にて

まだ暑かった頃のある日。
レッスンを終えたばかりのコスタ。
85450d0664be05c24517347ffb7aae51 300x225 蹄洗場にて

「ボク、眠いの~」
f5585379cb32a64f45be94adf363494b 300x225 蹄洗場にて
コスタがここまで首を下げて
休んでいるのは珍しい気がします。

ここ数日は気温が下がり、
朝晩はかなり過ごしやすく・・・
0789f66cb4401fcc2d5b24bde38c7a88 300x225 蹄洗場にてf18898fdb74f82e5be6eedbdaf7bfefa 300x225 蹄洗場にて
468287d04d1b74233a735d093800197f 300x225 蹄洗場にて48e747d4074d82260932bac140fe7393 300x225 蹄洗場にて
とってもリラックスして
口が半開きになっている
ファレルと金太郎。
開き具合がソックリです。

・・・って、あなたたち!
これからレッスンですよ~
c4c18a4aa358663822c7589e55b8c75c 300x225 蹄洗場にて

前々回の答え

「正解発表は無いんですか?」
「え?」

前々回、クラブ長を探せ!
01d9aaaf8a8fc38997a496d2b8c6916e 300x225 前々回の答え
を実施したところ、分からなかったとの声が。

というわけで、正解は、コチラ
8379bba01ae0b8479b39526a466de1711 300x225 前々回の答え

ん? 拡大してみましょう。
54048ef0ecfac0c1fa96f1effb02cbfc 300x225 前々回の答え
パクパクの後ろでした。

皆さん、見つけられましたか?
それではまた~。

夏から秋へ

梅雨明けの頃、こんな所に夏発見!
c5667f408c0024c92677ad0bef5e1ac1 300x225 夏から秋へ
ea8c050266e98ed8ffe3df9e2344a07c 300x225 夏から秋へ
と思っていたら、もう9月。

去り行く夏の小さな思い出にと、
麦わら帽子をつけて、アムロで記念撮影・・・。
e2cd37fc6fd56015d9a51bb47cea3918 225x300 夏から秋へ

麦わら帽子と言えばこの馬、金太郎。
2c1dd4680483f09ff8f1839eb6a731a3 225x300 夏から秋へ
7年前の、懐かしい写真でした。

と、それはさておき・・・季節は着々と秋へ。

クラブの近くの木には栗の実やどんぐりが。
2eda50022efcc3f00e88173635d38ada3 300x225 夏から秋へ3c725e8f1410888bfebc05f79d5744da 300x225 夏から秋へ

e56b85954c09e7a026c022c92889c0bb2 225x300 夏から秋へ
ん? もうこんなに立派などんぐりが、
と思ったら、カルロスの前髪に
飾られた髪留めでした。
9781e68226034bfead2e39742a7792bc 225x300 夏から秋へ

今日で夏時間は終了。
12日土曜日からは通常営業に戻ります。
時間をお間違えのないようにお越し下さいね♪
41b6aca0cca1a43f4f9232be98cee8ff 300x225 夏から秋へ

残暑見舞い

まだまだ昼間は厳しい暑さの
ハーモニーファーム京都から皆様に、
残暑お見舞い申し上げます。
29d2bfe8a387debd1df897cd3896ce34 300x225 残暑見舞い

洗い場では、アムロとパクパクが同じ体勢に。
a8f29a22dc3499dbbb36ef8520fdaa601 300x225 残暑見舞い
朝夕は幾分涼しさも感じられるようになったのですが、
暑い昼間を避けて、サマータイムはもう少し続きます。

暑さにうなだれているのは、
相変らずカメラ目線のナターシャ
573eb1e60584622e6a303f9730794924 300x225 残暑見舞い
を始めとする馬たちだけではありません。

猫たちもほら、
1aa267340c169861f03759d3cac2a9c92 300x225 残暑見舞いc4d6d2e59265c250bca4363f435fd8aa1 300x225 残暑見舞い
「まだまだ暑いよぉ~」
「早く涼しくならないかしら」

そんな暑さにも負けずに、馬たちは
元気にレッスンに出ています。
b41ff10402a0a2db20fe42c55c0295e61 300x225 残暑見舞い
パクパクも元気・・・いや、お茶目ですね。

突然ですが、夏休みのプレゼント、
ハーモニーファーム京都のおまけコーナー
01d9aaaf8a8fc38997a496d2b8c6916e 300x225 残暑見舞い
↑の写真のどこかに、クラブ長が隠れています。
ぜひ探してみて下さい♪

Harmony Farm Kyoto

© 2015 Harmony Farm Kyoto

ハーモニーファーム京都
〒610-0115
京都府城陽市観音堂甲畑46-2
TEL 0774-54-0053