HFA Blog

みんなでお手入れ

03377e1c68bc453c3a0702e8484fe42b 300x225 みんなでお手入れ8507974f7177a3274102e0e9a75b3aca e1292554305584 225x300 みんなでお手入れ

12月になってもあたたかい日が続きました。

あったかくて嬉しいなあと思っていたのに、一気に、冬らしく寒くなってきました。

「さむいねー」 「ほんまやねえ」 と言いながら、

来られた会員さんのほとんどが、

お馬さんに乗ってレッスンをうけたあと、

「あついねー」 「ぽかぽかするわー」

と、「やっぱり、あったかいわ宣言」 をされます。

そこから始まる会話がたのしいのです。

乗馬クラブでたのしいことは、

お馬さんに乗っている時だけではありません。

会員さん同士、スタッフ同士、お馬さん同士、

会員さん、お馬さん、スタッフ、

組み合わせは色々あり、

蹄洗場での他愛のないこと、他愛のあることの 「会話」 が

たのしいんです!

会員のOさんに 「いやあ。 たのしいですねー♪」 と心底言うと

Oさんは 「おひさまの下で笑うから、余計にたのしいんやね(笑)」 と

素晴らしいことをサラッとおっしゃられました。

あまりに感動したので、

言う機会があれば、ぼくもサラッと

「おひさまの下で笑うから、余計にたのしいですねー(笑)」 

と言いたいと思います。

 

生きていれば、

たくさんの素晴らしい瞬間に出会う事が出来ますが、

こういう何気ない素敵なひとときに出会うと 「生きてて良かった」 と思えますよね(笑)

みなさんも是非、

騎乗も、

お手入れも、

会話も、

すべてをたのしみに来てくださいね。

  

HFKで、お待ちしておりまーす♪

   

ブオーン。

『かみさま』のつづき・・・

・・・

ミスターチルドレンの 『終わりなき旅』  は素晴らしい曲ですが、

ハーモニーファーム京都の 『終わりなきチマチマ』  は精神力を鍛える素晴らしい作業です。

みなさんもいかがですか?

きっとイヤでしょう!

そんなエンドレスチマチマをみんなでこなしていると、

かみさま(Ⅹさん改め)が戻ってきました。

・・・

かみさま 「帰ったで」

チマチマ達 「おかえりなさい(笑)」

そしてかみさまから渡されたものは

・・・

『ブ

 オ

  ー 

    ン』でした。

a66b4046883342601c43ac4d165998f2 e1292369663859 225x300 ブオーン。

チマチマ一同 「おぉ・・・(驚嘆)」

チマチマ 3 「・・・かっこいい♪」

そのかみさまがくれたブオーンは、

風で葉っぱを吹き飛ばし、

袋を装着して、葉っぱを回収するという

かみさまが作ったとしか思えない驚異の「神さマシーン」でした。

そうしてチマチマの作業は終わりを迎える事が出来ました。

・・・

チマチマを手伝ってくれたナオトくん(ほとけさま改め)、

ブオーンをくださったかみさま、

この場を借りて、改めてありがとうございました。

おかげさまでチマチマを終えることが出来ました。

ということで、めでたしめでたし♪            

                           ・・・完。

かみさま。

『ほとけさま』のつづき・・・

・・・

空から見れば、

広い馬場に、

うずくまる4つの物体。

その物体は、

よく見るとチマチマと葉っぱを回収しています。

そして耳をすませば、

その物体はなにやら会話をしているようです。

チマチマ 1 「こんなにチマチマとってても終わらへんなあ」

チマチマ 2 「でも今のとこ、これが一番速いしなあ」

チマチマ 3 「チマチマ!!(無理やりハイテンション)」

ほとけさま 「(笑顔)」

・・・

そしてまた、

チマチマたちは、モクモクと、チマチマし始めました。。。

37e3808047553cedb34daa9b1d7ab2a31 e1292184365137 225x300 かみさま。

・・・

それを見ていたⅩさん。

Ⅹさん 「そんなんめっちゃ時間かかるやん」

チマチマ 2 「そうなんですよー。 なんかイイ方法ないですかね??」

Ⅹさん 「風で葉っぱ吹き飛ばすやつあげよか??」

チマチマ 1 「そんなかみさまみたいな事できるんですか!?」

Ⅹさん 「おれ、かみさまやもん。 とってくる」

そう言って、Ⅹさんは立ち去りました。   ・・・つづく

ほとけさま。

50cc50f3d987a3a79351be7b22fab42c e1291778444525 225x300 ほとけさま。37e3808047553cedb34daa9b1d7ab2a3 e1291778713514 225x300 ほとけさま。
『晩秋、初冬』 のつづき・・・

・・・

そんなところに、

Jr会員のナオトくんとそのお母さんがやってきました。

お母さん 「ナオト、手伝ってきなさい。」

ナオトくん 「え・・・(お母さんを見上げる)」

スタッフ 「いや、いいですいいです。ぼくらでやりますんで」

お母さん 「まだ帰るまで時間あるんで、大丈夫ですよ~」

スタッフ 「ありがとうございまーす」 

という事で、

ナオトくんの意思にかかわらず (笑)

ナオトくんもお手伝いしてくれることになりました。

それでも笑顔で手伝ってくれたナオトくんが、

小さなほとけさまに見えました。    つづく・・・

冬期限定☆外乗レッスン【HFA】

PB170116 300x225 冬期限定☆外乗レッスン【HFA】ハーモニーファーム淡路【HFA】では冬期限定(12月〜2月)で外乗馬による野外レッスンの『外乗レッスン』を実施しています。

【内容】春になって本格的な外乗を楽しめるように、外乗のための外乗馬による野外レッスン(60分)。HFA周辺の山林を使って、通常の馬場でのレッスンとは違う、野外騎乗特有の注意点等を確認しながら、おひとりずつのレベルにあわせてじっくりレッスンしていきます。

【料金】1レッスン60分:平日6,615円、土日祝7,560円(会員さまは割引)

※通常の60分外乗(花コース)の10%OFFです。

【こんな方におすすめ】

★サラブレッド等ではない中間種でレッスンを体験したい方

★いつもと違った野外レッスンでリフレッシュしたい方

★あらためて外乗の注意事項や騎乗を学びたい方

★外乗を計画しており、そのための予行練習をしたい方

★駈歩や誘導、アップダウンでの騎乗が心配だという方

—————————————————————————

外乗馬による野外レッスン!通常の外乗では行かない秘密のコースを、通常の60分外乗(花コース)よりリーズナブルに行けると考えると、なかなかお得でしょう!

外乗レッスンについてのHFABlogはこちら

ご興味のある方はこの機会にぜひどうぞ!

~HFKスタッフのコメント~
小川さん 「行ったことないけど、楽しいんじゃない?」
坂上さん 「ぼくも行きたかったですよー やる前に京都に来たんで。」
黒田さん 「あれはたのしい!(笑) わたしはドラムで行きました。」
村上さん 「帰ってきたお客さん、みんなすごい笑顔だよね。」
ぼく 「いやあ。 あれはめっちゃたのしいですよ! ぼく、生きてて良かったて思いましたもん(笑)」
そんな感じです~
みなさん。 ぜひ 淡路へ!!

年末年始お休みのお知らせ

e23462a033084c4db0daa743caaeae11 225x300 年末年始お休みのお知らせ

【年末年始のお休み】2010年12月30日(木)〜2011年1月2日(日)の4日間

本年度の営業は12月29日(水)が最終となります。

来年度の営業は2011年1月3日(月)となります。

3日はハーモニーファーム京都でぜひ初乗りしてくださいね!

23日(祝・木)営業します!

wc 300x225 23日(祝・木)営業します!

来る12月23日(木・祝)営業します!

代わって12月24日(金)をお休みとさせていただきます。

おまちがいのないよう、お気をつけくださいませ。

晩秋、初冬。

7a006bf0427c0d26cfc3961ea4f19c171 e1292102976248 225x300 晩秋、初冬。

いつもの通い道。

さくら並木の

桜もみじが終わりを告げ、

道路に敷かれた桜もみじ葉が、

前を走る車のあとを、

舞い踊っては風に流されていきます。

 

HFKにもいくつか紅葉する木があり、

冬の訪れを知らせるように、赤や黄、橙色に染まっては、

風になびいて、

晩秋らしい「もみじふぶき」を見せてくれます。

「秋もキレイやなあ」 「四季ってイイなあ」 「日本に生まれてよかったなあ」
と思いながらも、

馬場に敷かれるもみじの絨毯は、スタッフを憂鬱にさせていました。

理由は、

もみじふぶき←キレイ

馬場一面にもみじの絨毯←キレイ

もみじ絨毯の上をハローがけで整地←もみじ葉が土の中に入り込む

土の中でもみじ葉が腐って→腐葉土になる

馬場が腐葉土になる→土が肥えて良い野菜が採れる。

↑やったあ

・・・ではなく。

馬場が腐葉土になる→腐葉土の部分がドロになる。

ドロ←走るのに最適な馬場でなくなる。

です。

キレイだろうが野菜作りに最適♪だろうが、
乗馬クラブの馬場内に関しては、

もみじ葉は要りまテン。

という事で、馬場内の落ち葉の回収が始まりました。

ダガシカーシ。

ほうきで掃くとかえって土の中に葉っぱが埋まり、

馬房掃除のスティックでも、全然うまくとれず、

考えて、

考えて、

考えて、

行きついた方法は、

なんと、

なんと。

なんと!

「コツコツ手で取る」 でした。

不思議とこれが
葉っぱ回収率、葉っぱ埋まらない率、スタッフの腰が痛くなる率、

すべてにおいて高い数値を出しました。

しゃがみ込んで一枚一枚手で取りながら、

「あー、しんど。」

と見上げた空は雲ひとつないキレイな青空でした。    つづく・・・

第35回みっきぃキャロットカップ参加者募集!

2011年1月29日(土)・30日(日)にキャロットカップが三木ホースランドで行われます。

キャロットカップは毎年、しあわせの村馬事公苑で開催されているのですが、今年は三木ホースランドパークです。

登録料、エントリー料も通常の競技会よりリーズナブルで、障害・馬場、ともに2級試験を兼ねておりますので、挑戦したい方はこれを機にぜひご参加くださいませ!

————————————————————-

登録料:4,000円

参加料:4,000円

馬場2級・障害2級の技能認定審査料:各10,500円

申込締切:1月16日(日)

詳しくは場長の小川まで

————————————————————-

みなさまのご参加をお待ちしております!

ララミー

66e091bc2d19932de79e174ad215915d e1291940652876 225x300 ララミー

ララミーとロッキーは、なかよしです。

ララミーは普段、おなかが弱くてすぐ下痢をしたり、疝痛(お馬さんの腹痛)になったりします。

原因は、精神的、肉体的な疲労によるみたいです。

ロッキーがHFKを退厩する時、「新しい生活がんばってね」と思いつつ、
同時に「ララミーが寂しがって体調を崩すかもなあ」と

場長の小川さんと話していました。

マウイ、ルパン、ロッキーが馬運車に乗ってHFKを離れるとき、

HFK中の馬のイナナキが響きわたりました。

「あー。みんな、お別れが寂しいんやなあ」と、
馬運車を見送りながら思いました。

見送った後、しばらくして小川さんが
「ララミー大丈夫かなあ。ロッキーいなくなって元気無くなったりしたらマズイよなあ」と
と言いながら、ララミーの様子を見に行きました。

ぼくも心配しながら作業をしていると、小川さんが帰ってきて、

「ララミーのやつ

・・・

エサ食べてるよ(笑)

まーったく気にしてない(笑)」

(笑)

・・・

ぼくらが考えるよりも、

ララちゃんは切り替えのはやい子でした。

Harmony Farm Kyoto

© 2015 Harmony Farm Kyoto

ハーモニーファーム京都
〒610-0115
京都府城陽市観音堂甲畑46-2
TEL 0774-54-0053